塗料

トップ > 塗料 > 防水塗料 > 水性コンクリートフロア防水塗料

水性コンクリートフロア防水塗料

 

水性コンクリートフロア防水塗料

価格
数量 数量を増やす
数量を減らす
容量
カートに入れる

ツヤ消し防滑仕上げ(骨材入り)

※色見本はPC環境によっては実際の色と異なる場合があります。

特長
●下地への密着がよく、ケイ砂の配合により耐摩耗性・防塵性に優れ、防滑効果があります。
●特殊架橋システム及びHALS(紫外線劣化防止剤)により、耐水性・耐汚染性・耐候性に優れています。
●簡易防水効果があります。
●安全で、取扱いが簡単な水性塗料です。
用途
屋内外用
●ベランダ、玄関、事務所、倉庫、駐車場、陸屋根などのコンクリートやモルタル、アスファルトなどの床面
※塩ビシート、ゴムシート、FRP防水面、ウレタン防水面には塗装できません。
※絶えず水がかかったり水につかるところや、いつも湿っているところには適しません。
標準塗り回数:2回塗り
光沢:ツヤ消し
塗膜の仕上がり:不透明(下地を隠す)
注意
【下地処理の注意】
●つるつるした面は、サンドペーパーで表面を荒らしてから塗って下さい。
●ヒビ割れ・穴・ヘコミ・カケなどは、あらかじめセメントやコーキング材などで補修しておきます。
●コンクリートやモルタル面の劣化が著しく、手で触れて、手に粉がついたり、ボロボロと取れるような場合には、きれいに除去してからアサヒペン油性シーラーを下塗りして下さい。
●新しいコンクリートやモルタル面に塗る場合は、施工後1ヶ月以上経ってから行い、必ずアサヒペン油性シーラー、またはアサヒペン強浸透性水性シーラーを下塗りして下さい。アスファルト面に塗るときは、シーラーを下塗りせずに直接塗装して下さい。

【取扱い上の注意】
●表面に記載の乾燥時間は半硬化(指で軽くこすって跡がつかない状態)の時間です。雨や結露によるフクレやハガレ、シミを防止し、塗料の性能を充分発揮するには、塗装後1日(夏期)〜2日(冬期)以上、充分に乾燥させて下さい。
●塗るときおよび塗った塗料が乾くまでの間も、5℃以下にならないような時間に塗って下さい。
●気温が高い時(特に夏期)に塗装する場合、塗料の表面が早く乾いてしまうので、何度も返し塗り(ハケ返し、ローラー返し)をせずに、すばやく塗って下さい。また、容器内の塗料の皮バリを防止するため、フタを開けたまま放置しないで下さい。
●降雨や水洗いの後には、2日以上、下地を充分に乾燥させないと、水分の影響で乾燥が遅れたり、塗膜にふくれを生じることがあります。
●あらかじめ目立たない部分で試し塗りをして、色・乾燥性・下地への影響・密着性などを確かめてから塗装して下さい。シリコン系・フッ素系・その他特殊防水処理をした面や、強化コンクリート・コーキング材・シーリング材の一部のものには、塗料が付着しないことがあります。
規格
規格 塗り面積【2回塗り】 色数
1.6L 3〜5(タタミ2〜3枚分) 3色
5L 10〜14(タタミ6〜8枚分)
10L 20〜29(タタミ12〜18枚分)
塗料タイプ
水性アクリルエマルション樹脂塗料
うすめ方
塗りにくいときは水(5%以内)でうすめて下さい。
乾燥時間
夏期/20〜30分 冬期/1〜1.5時間
塗り重ね時間の目安:夏期/1時間以上 冬期/2時間以上
用具の手入れ
使い終えたハケや用具は、塗料が乾かないうちに水かぬるま湯で洗ってください。
※掲載製品は、予告なく製品の仕様・デザイン等を変更することがありますので、ご了承ください。
Copyrightc2013 Asahipen Corporation. All Rights Reserved.